--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 09. 18  
出産予定日は10月4日だったのですが、大幅に早く
その日を迎えてしまった出産当日。

少しでも詳細に記憶を残しておくために、記録として
ここに書きとめておきたいと思います。

この経験が、どなたかの役立てれば……。

出産の予兆があったのは、2011年9月16日。
この日は、少し早い奥様の誕生日祝いと言う事で
横須賀秋谷にあるイタリアンレストラン「Don」へ
食事に行ってました。
CIMG3021.jpg CIMG3028.jpg CIMG3027.jpg

お料理を美味しく頂き、帰ってきたのが夜9時過ぎ。
私は翌日仕事予定だったので、早めに10時半には床に着いていました。

そこから起こされたのは30分後ぐらいの11時。
「破水した」との言葉に一気に目が覚めました。
入院準備は済んでいたので、破水したときにやる事をネットで調べて(笑)
陣痛が今のところ無いなど確認し病院へ連絡。

破水したら陣痛が無くても入院と言う事なので、病院へ。
しばらくして、助産師さんから
「初産だから、生まれるのは昼過ぎかねぇ」との事。
いったん家に帰って寝るようにと言われ、午前1時に帰宅。

しかし、初めての事だらけで寝ようにも寝れず…ww
ベットでゴロゴロしていたら午前2時半ごろに病院から電話。
「どんどんお産が進んでいるので、病院に来れますか?」
と、びっくりな発言。

心の準備がまったく整わない中、病院へ。
奥様、陣痛でもだえてる。
私、必死に腰をさすり、飲み物を飲ませる。
ペットボトルにストローが付けられるアイテムは偉大でした。
あれは必須です。
あれが無いと、妊婦さん飲み物飲めません。。。

腰をさすり続け、奥様は陣痛の痛さに耐え
4時ぐらいに分娩室に入りました。
立会い出産予定でしたので、私は奥様の横にスタンバイ。

ココまで来たら旦那はもう、奥様を励ますしか出来ません。
手を握り、頑張れと言うしかなく、心の中では祈る気持ち。

そしてついに、4時50分に赤ちゃん誕生。
P9170465.jpg
出産の兆候が始まってから6時間ぐらい。
初産としては、これ以上無い、超安産な出産だったようです。
知り合いは、破水から出産まで3日かかった人もいるようなので…。

立会い出産については、やってよかったと思います。
旦那さんは、私を含め出産するときの痛さを味わいません。
でも、立会いをすれば、その様子は経験できます。
本当に、命懸けな感じです。
赤ちゃんも命懸けで出てきます。

赤ちゃんが出てきたとき、本当に
「生まれてきてくれて、ありがとう」と感じます。

ぜひ、立会いが可能な方は、希望して欲しいです。
奥様も心強かったと言ってましたし、そう感じると思います。

簡単な感じな出産記録ですが、旦那からの視点でした。
さて、名前はどうしようかなぁ…w
候補はあるけど、決め切れませんww


ランキング参加中。ポチッとよろです~。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEW Topics
出産記録
待望の赤ちゃん誕生!
ついに納車!
ありがたいアドバイス
母親教室
Comment
(^^)
誕生おめでとうございます。
奥様を労わってあげて下さい。
おめでとうございます!
赤ちゃん誕生おめでとうございます!
これから楽しくも大変な日々ですね。
たまには息抜きしつつガンバッテ下さい。
奥様を大切に!
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

shigemi2193

Author:shigemi2193
自転車とスポーツとお出かけが大好きな
新米パパ(予定)です!
家族の事、趣味の事、毎日の何気ないことを
のんびり書いていきます。

以前は別のサイトでブログを書いてしました。
ココもチェック!
http://ameblo.jp/shigemi2193/

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。